モバイル・ケイタイのページはコチラから!!

BONZE
bodhimandala
阿弥陀
お坊さんの小話
(法話)
〜浄土真宗〜

最近ではなかなか聞くことが少なくなったお坊さんの小話(法話)、みなさんも読んで、感じ、考えてみてください。m(>_<)m



─── 浄土真宗とは… ───

 仏教は、いついかなる時代にあっても変わることのない、普遍性をもつ真実のみおしえです。
 お釈迦さまは 八十年のご生涯において、私たちに真実のみ教えをお説き下さいました。そのみ教えを日々の生活の中で悩み苦しみ迷う私たちに、もっとわかりやすいかたちでお説き下さったのが、浄土真宗をお開きになられた親鸞さまです。
 親鸞さまが私たちにお教え下さった浄土真宗のみ教えは、「阿弥陀さまの本願を信じ、念仏申せば仏となる」というお念仏のみ教えです。そのお念仏のみ教えは、私たち一人一人のかけがえのない人生を活かし生きる大道です。
 現代社会に生きる私たちは、忙しい毎日に追われ、目先のことに執らわれて、人生において大切なことを見失っています。蓮如さまが、そしてご先祖の方々が受け伝えてこられた浄土真宗のみ教えは 、何ものにも妨げられることのない力強い生き方、明るく確かな真に安心して歩んでゆける道へと導いて下さる教えなのです。

真宗教団連合 浄土真宗本願寺派 真宗大谷派 真宗高田派 真宗佛光寺派 真宗興正派
真宗木辺派 真宗出雲路派 真宗誠照寺派 真宗三門徒派 真宗山元派
浄土真宗とは…

0408.jpの訳…

お坊さんの小話(法話)

おつとめ基礎知識

お経(解説・訳)
仏説阿弥陀経
正信偈

BONZE bodhimandala

お問い合わせ

■便利帳
首相官邸
IT戦略本部
気象庁
金沢地方気象台
石川の花粉情報(日本気象協会)
iタウンページ
郵便番号検索
ロイター
日刊ゲンダイ
Google ニュース
MSNニュース
MSNニュース中部
YAHOOニュース
YAHOOニュース北陸
Google
MSN
YAHOO JAPAN
Google 地図
MSN 地図
YAHOO 地図
石川県庁
石川県議会
石川県警察
石川県教育委員会
消防防災web
ほっと石川 旅ねっと
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市
能美市
川北町
野々市町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

■プロフィール

BONZE

名前:高科 修
 (たかしな おさむ)
法名:釋 完修
 (しゃく かんしゅう)
 昭和36年4月29日生
干支:丑
星座:おうし座
血液型:B型
大谷大学文学部真宗学科卒
0408.jpへの思い:
 いち個人として、ひとりの僧侶として、今のこの混沌とした優しさや思いやりの薄れた時代に何ができるのか?何をしたらいいのか?いろいろ考えを巡らしたがぐるぐるするだけで…
 考えていてもしかたないので、行動することにしました。自分の出来ることを、出来ることからしていこうと!
 この『小話』が、何かしら読んだ人達の『生きる』と云うことのヒントになってくれればと願って、頑張っていきますのでこれからもよろしくお願いします。
愛称:お地蔵さん
長所:
人の話しを聞く
自由気まま
好奇心旺盛
短所:
短気
身勝手
わがまま
好きな言葉:
唯我独尊 比翼連理
好きな食べ物:
うどん おにぎり
休み:なし
趣味:
檀家さんとの世間話し
得意技:
 書道
 誰とでもすぐにお友達

阿弥陀
ご案内用QRコード


─── 0408.jpの訳… ───

 寒い冬が終わり、春が近づいてくると自然と気持ちも明るくなります。春のイベントとしては、卒業式、入学式、入社式、歓迎会、お花見などたくさんあります。
 そして、4月8日の花まつりが何の日かご存知ですか?
 日本では4月8日はお釈迦様の誕生日とされています。灌仏会(かんぶつえ)、降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)などの別名もあります。
 http://www.0408.jp 覚えやすいでしょ。ご家族やお友達にも教えてあげて下さい。(^v^)
 私も大好きな春の行事の一つです。4月8日はお近くのお寺で釈迦誕生をお祝いしながら甘茶でもひとついかが?

↑TOP


─── お坊さんの小話(法話)集 ───

 子供のころ見たり読んだりした映画や小説を、大人になってあらためて見たり読んだりすると、まったく違った感じ方をすることが、しばしばあります。
 それは…経験をつんで物事を深く見たり感じたり出来るようになっいるから…また逆に子供の頃の純真さを失っていたりするからと…その理由は様々です。
 この『小話』も…繰返し読んでみてください。自分が健康なとき、病気のとき、恋をしているとき、失恋したとき、楽しいとき、怒っているとき、身近な人の死を経験したとき…さまざまなときに読んでみてください。そのたびに、書かれている文章は同じでも、感じ方・捉え方はきっと違ったものになるはずです。

  • はじめに [ 2009/08 ]
    きっかけは
    縁があって一人のお坊さんに出会うことができた…

  • BONZE-Vol.002 [ 1999/10 ]
    五体満足
    桜で知られる奈良県吉野の里近郊にある私立の…

  • BONZE-Vol.004 [ 2000/03 ]
    倶会一処
    子どものころ、テレビの中で活躍していた人たちの訃報…

  • BONZE-Vol.004-2 [ 2009/09 ]
    続・倶会一処
    『かならず』と誓い、『いずれまた』と締めくくれるなら…

  • BONZE-Vol.006 [ 2000/10 ]
    愛情の沈殿物
    「長い間喧嘩ばっかりしていたけれど、亡くなられて…

  • BONZE-Vol.007 [ 2001/03 ]
    自覚と責任
    「今年は暖冬です」、そんな予報を軽く吹き飛ばす「大雪…

  • BONZE-Vol.008 [ 2002/03 ]
    後姿
    「嫁も息子も、仏壇に手を合わせた事もなければ、月参り…

  • BONZE-Vol.008-2 [ 2002/07 ]
    企業戦士の哀愁
    ひょんなことから、ある防水メーカーの総会で講演をする…

  • BONZE-Vol.009 [ 2002/10 ]
    お葬式
    二十二施設。人口に対する割合としては全国でもトップ…

  • BONZE-Vol.010 [ 2003/06 ]
    仏さん
    近ごろ、ちまたは健康ブームである。新聞、雑誌、テレビ…

  • BONZE-Vol.011 [ 2003/10 ]
    祖母の遺産
    小学校三年の時から母親の居ない私達兄弟の食事は、昨年…

  • BONZE-Vol.012 [ 2004/03 ]
    輝き
    鯉ヘルペスに始まりBSE、鳥インフルエンザと私達の食生活…

  • BONZE-Vol.013 [ 2004/07 ]
    いただきます
    ここ数年テレビは、恐ろしい事件をまるでビデオを早送り…

  • BONZE-Vol.014 [ 2004/10 ]
    過程
    最近は登下校の時間意外に、子供たちの姿を見ることが…

  • BONZE-Vol.015 [ 2005/03(2013/05改訂) ]
    続ける
    親鸞聖人の言葉に『本願力二、アイヌレバ、空シク過グル人ゾナキ…

  • BONZE-Vol.016 [ 2005/07 ]
    宙ぶらりん・1
    最近よく聞かれることに、なぜ四十九日なんでしょうか?…

  • BONZE-Vol.017 [ 2005/10 ]
    宙ぶらりん・2
    前回、四十九日の期間とは、亡き人を浄土へ送る期間では…

  • BONZE-Vol.018 [ 2006/03 ]
    宙ぶらりん完結編
    前々回、前回の二回にわたって、「四十九日の意味」につ…

  • BONZE-Vol.019 [ 2006/07 ]
    惑う
    あるお宅へお参りに行った時の話である。読経を終え…

  • BONZE-Vol.020 [ 2006/10 ]
    とぶろう・1
    お通夜や葬儀、ご法事など仏事にお参りするとき、「弔う…

  • BONZE-Vol.020-2 [ 2006/10 ]
    とぶろう・2
    「訪う」とは、アイツが、その身を以って(命をかけて)…

  • BONZE-Vol.021 [ 2007/03 ]
    おかげさま・1
    お寺同士の間で使われる言葉に「縁借り」と云う言葉が…

  • BONZE-Vol.022 [ 2007/07 ]
    おかげさま・2
    それは長年通っている焼肉屋のオヤジさんの事。この…

  • BONZE-Vol.023 [ 2008/03 ]
    今現在説法・1
    以前にも書いたが、小学校三年から母親のいない私たち…

  • BONZE-Vol.024 [ 2008/07 ]
    今現在説法・2
    亡くなる間際まで、事あるごとに祖母に言われ続けた言葉…

  • BONZE-Vol.025 [ 2008/10 ]
    今現在説法・3
    祖母は祖父の三人目の妻だった。一人目は身体が弱くて…

  • BONZE-Vol.026 [ 2009/03 ]
    お荘厳・1
    友達の僧侶(同級生)から電話が掛かってきた。お葬式…

  • BONZE-Vol.027 [ 2009/07 ]
    お荘厳・2
    中国には、古来より東西南北を司る四匹の聖獣がいると…

  • BONZE-Vol.028 [ 2009/10 ]
    お荘厳・3
    「お骨を先に納めてくださいね…」 蝋燭・線香・お花…

  • BONZE-Vol.029 [ 2009/11 ]
    境界線
    熊や猪、はては鹿まで…最近人里に、住宅地では見かけ…

  • BONZE-Vol.030 [ 2009/12 ]
    運命と宿命・1
    ある男性から、こんなメールを頂きました。『人との運命…

  • BONZE-Vol.031 [ 2009/12 ]
    運命と宿命・2
    次に『宿命』。これもちょっと違う!宿命って、『やどる…

  • BONZE-Vol.032 [ 2009/12 ]
    壱百八の鐘音
    12月31日午後11時。今年も残す所あと1時間。今年…

  • BONZE-Vol.033 [ 2010/01 ]
    因果
    3年ほど前に、当日23歳の男性を紹介された。白血病…

  • BONZE-Vol.034 [ 2010/02 ]
    無荘厳(飾らない)
    「仏間に飾ってあるお爺ちゃんやお祖母ちゃんの写真に…

  • BONZE-Vol.035 [ 2010/02 ]
    責任の世代
    「あのおじちゃん!ずるい!」小さな男の子の声がした…

  • BONZE-Vol.036 [ 2010/03 ]
    歯医者と喫茶店・1
    歯医者さんに行った。何年ぶりだろう。あんまり久しぶり…

  • BONZE-Vol.037 [ 2010/03 ]
    歯医者と喫茶店・2
    その歯医者さんの帰り道。予定していた時間よりかなり…

  • BONZE-Vol.038 [ 2010/04 ]
    歯医者と喫茶店・3
    小学校生のころ。同級生に、市の衛生車の仕事している…

  • BONZE-Vol.039 [ 2010/04 ]
    世界に一つだけの花・1
    青い花は青色の光を放ち、黄い花は黄色の光を放ち…

  • BONZE-Vol.040 [ 2010/05 ]
    世界に一つだけの花・2
    今、幼稚園や保育所の運動会の『駆けっこ』で、1位2位…

  • BONZE-Vol.041 [ 2010/05 ]
    『地獄』と『極楽』・1
    『地獄』と云うと、閻魔大王がいて鬼がいて、はりの山や…

  • BONZE-Vol.042 [ 2010/05 ]
    『地獄』と『極楽』・2
    『なにやってるんだろう!なさけない!』その男性は沈んだ…

  • BONZE-Vol.043 [ 2010/06 ]
    護持相続・1
    子供の頃…食卓に出てくる茶碗蒸しは通常『丼茶わん』で…

  • BONZE-Vol.044 [ 2010/06 ]
    護持相続・2
    こんな祖母であったが『躾(しつけ)』は驚くほど厳しかった…

  • BONZE-Vol.045 [ 2010/07 ]
    比翼連理
    中国の古い詞に、「比翼連理」と云う一文があります。…

  • BONZE-Vol.046 [ 2010/08 ]
    愛…深き故に…
    『なんて!親不孝な子なんね!』ご婦人が喪主に向かって…

  • BONZE-Vol.047 [ 2010/08 ]
    続・愛…深き故に…
    お釈迦さんは人生は苦だと説きました。愛別離苦と云う…

  • BONZE-Vol.048 [ 2010/09 ]
    過去・未来・現在
    …。茄子のビール漬けの出来上がりです。「で、その味は?」…

  • BONZE-Vol.049 [ 2010/10 ]
    ホットドッグの缶詰
    缶詰を開けると中から10個のパンと9本のソーセージが…

  • BONZE-Vol.050 [ 2010/12 ]
    学びの場
    『どうぞお帰りください。お参りしていただかなくて結構です』…

  • BONZE-Vol.051 [ 2011/03 ]
    僧侶の将来は…!?〜自戒をこめて〜
    人間は必ず死んで逝きますが、『死別』のあり方は人様々です…

  • BONZE-Vol.052 [ 2011/06 ]
    迷走するお盆
    『今年のお盆はいつですか?』『えっと…今年は10・11の土日…

  • BONZE-Vol.053 [ 2011/07 ]
    娑婆に咲く花
    『なさけない!なぜ分かってくれんのやろ!』男性の嘆きと怒りは…

  • BONZE-Vol.054 [ 2011/10 ]
    悪魔か?天使か?
    『袖すり合うも他生の縁…』いろいろな状況で『縁』と云う言葉を…

  • BONZE-Vol.055 [ 2011/11 ]
    『なぜ?』と『だれが?』
    『確かにあなたの子供を叱ったのは私ですよ』…

  • BONZE-Vol.056 [ 2011/11 ]
    大人の叱り方
    社会を担っていく少年から青年に変わる過渡期の子供たちに…

  • BONZE-Vol.057 [ 2011/12 ]
    霊柩車の道順
    数十年前まで…町で霊柩車に出くわした時どうしていただろう…

  • BONZE-Vol.058 [ 2011/12 ]
    三つの言葉
    昔から、言霊と言って、言葉には魂が宿ると言われてきました…

  • BONZE-Vol.059 [ 2012/01 ]
    身の丈(たけ)
    松井秀喜、鈴木一郎。ともにゴジラ、イチローの愛称で…

  • BONZE-Vol.060 [ 2012/01 ]
    感じる心
    眠ってしまうと呼吸障害をおこしてしまう高校生がいます…

  • BONZE-Vol.061 [ 2012/02 ]
    しがらみ
    机上に一本のバナナが…『このバナナを見て…泣けますか?』…

  • BONZE-Vol.062 [ 2012/02 ]
    布施のこころ
    車椅子の年配の男性と、それを押す年配の女性を見かけた…

  • BONZE-Vol.063 [ 2012/03 ]
    『お墓』と『仏像』
    船越英二、片平なぎさ、言わずと知れたサスペンスの帝王と女王…

  • BONZE-Vol.064 [ 2012/04 ]
    仏と霊と妖怪と
    『爺さん夢に出てきた!!化けて出てきたんかね!迷とるがかね!』…

  • BONZE-Vol.065 [ 2012/05 ]
    小さな仏との絆
    『二人分の命ですから、元気なはずです!!』満面の笑顔で…

  • BONZE-Vol.066 [ 2012/06 ]
    二つの情(葬式の意味・1)
    家族で葬式を出してくれという遺言だった。だから『家族葬』に…

  • BONZE-Vol.067 [ 2012/06 ]
    送るこころ(葬式の意味・2)
    『家族葬』という形の葬式はない。えっ?今ちまたでは…

  • BONZE-Vol.068 [ 2012/06 ]
    知恵の塊(葬式の意味・3)
    誰にも知らせず家族だけで密葬という形式で式を執り行いました…

  • BONZE-Vol.069 [ 2012/06 ]
    葬式の意味1・2・3をふり返って
    『葬式の意味』を知っていて欲しいのです。忘れないでいて…

  • BONZE-Vol.070 [ 2012/07 ]
    見て見ざるもの(本尊とお仏壇)
    『オマケって言うんなら、阿弥陀さんのオマケが仏壇じゃ!!』…

  • BONZE-Vol.071 [ 2012/08 ]
    通夜の焼香
    『お通夜のお焼香はいつするのが本当なのでしょうか?』…

  • BONZE-Vol.072 [ 2012/09 ]
    命と想いの連鎖
    『今月でわかば(仮名)30歳になるんですよ』心臓に疾患があり…

  • BONZE-Vol.073 [ 2012/10 ]
    戒名と法名
    『戒名と法名は違うんですよ』『戒名も法名も死んだ人の名前では…

  • BONZE-Vol.074 [ 2012/11 ]
    観光
    毎年…同じことを聞かれる。『ご坊さんはクリスマスするがけぇ?』…

  • BONZE-Vol.075 [ 2012/12 ]
    絆(きずな)
    東京の本社勤務の辞令ががでた…

  • BONZE-Vol.076 [ 2013/01 ]
    わき出る力
    『人間・植木等と紹介してください』今から20数年前…

  • BONZE-Vol.077 [ 2013/02 ]
    常識と云うものさし
    『この場所で言い争いは不謹慎ですよ』しばらく静観していたが…

  • BONZE-Vol.078 [ 2013/03 ]
    五つの「みる」
    『うちの子はニンジンが嫌いなんですけど、食べれるように…

  • BONZE-Vol.079 [ 2013/04 ]
    リンゴとキャベツ(阿難の眼
    『昨日テレビで、白い布の上にリンゴを東向けに置くと運気が上がる…

  • BONZE-Vol.080 [ 2013/05 ]
    一歩一歩
    私が小学生のころ、『あしたのジョー』というボクシング漫画があった…

  • BONZE-Vol.081 [ 2013/06 ]
    清めの塩
    『私の息子がケガレてるっていうの!!』…

  • BONZE-Vol.082 [ 2013/07 ]
    一期一会
    『私はあんたを育てた覚えはひとつもない。お乳をやった覚えも…

  • BONZE-Vol.083 [ 2013/08 ]
    必要不可欠な決意
    『わかちゃいるけどやめられない』ご存知植木等さんの…

  • BONZE-Vol.084 [ 2013/09 ]
    そこにあるもの
    『いただきます』と『手を合わす(合掌)』この姿には深い想いが…

  • BONZE-Vol.085 [ 2013/10 ]
    親(おや)
    『私には母親が三人います。そして父親が二人』…

  • BONZE-Vol.086 [ 2013/11 ]
    情が導くもの
    『四十九日でお父さんのお骨、お墓に入れたら薄情なんかね…

  • BONZE-Vol.087 [ 2013/12 ]
    自分を見る-俯瞰(ふかん)の目
    スーパーでの買い物をすませて、家路につこうと駐車場に…

  • BONZE-Vol.088 [ 2014/01 ]
    愛する人、大切な人を失った人たちの『問い』は、いつも胸に…

  • BONZE-Vol.089 [ 2014/02 ]
    挨拶(あいさつ)
    吉野家にするべきか、松屋にするべきかで悩んでいた…

  • BONZE-Vol.090 [ 2014/05 ]
    舞台
    私たちはみんな、誰一人例外なく、母親から産まれて来ます…

  • BONZE-Vol.091 [ 2014/06 ]
    続・自分をみる-他力の自覚
    「ハニービスケット」の作り方と云う絵本の中に…

  • BONZE-Vol.092 [ 2014/09 ]
    後悔
    過ちと後悔。失敗と反省。五十数年の人生は…

  • BONZE-Vol.093 [ 2015/02 ]
    今の時代、礼儀作法なんて必要無い。そんなものが何になると笑う…

↑TOP


─── おつとめの基礎知識 ───

■ 真宗大谷派の正しい『焼香』の仕方
『焼香』は仏教の儀式には欠くことのできない大切な作法であり、灯明と共に釈尊ご在世の当時から行われて来ました。香は仏前を荘厳すると共に心身を浄らかに落ち着かせます。勝手な願いごとや、不平や恨みの心を含んではなりません。作法は以下の手順で行います。
  1. 焼香すべき尊前にすすみ、ご本尊を仰ぎます。
  2. 身を正し頭礼(ずらい)(軽く頭を下げること)します。
  3. 右手で香盒(こうごう)のふたを取り、静かに香をつまみ、2回香炉に投じます。(焼香は2回します。また香を頂くことはいたしません)。
  4. 右手の指先で香の乱れを直してから、(自分が最後の場合は)香盒の蓋をし、それから両手で香炉の蓋をします。
  5. 静かにしみじみと『合掌礼拝』いたします。
  6. 軽く頭を下げ、退いて元の席に戻ります。
↑TOP


─── お経 ───

■ 浄土三部経
 一般にお経というと、僧侶の読経するもの全般をさしますが、お釈迦さまの説かれた言葉を文字としてまとめたものをお経といいます。
お釈迦様以外の高僧が説かれたものは、「論」「釈」「偈」などといいます。
 その昔、お釈迦さまが亡くなられてから、弟子の方々は、その教えを守り、修行し、教えを伝える時は、口伝(暗記しているものを口頭で伝える)していましたが、大切な教えが、年月とともに、変化したり、廃れてはいけない、とのことから、文字にしてまとめようということになりました。これを仏典結集といいます。
 この結集によってまとめられたものがお経で、それが中国を経て、日本に伝来したのです。
 お経は、お釈迦さまの説法が文字になっているのです。
 浄土真宗では、『仏説無量寿経(大経)』『仏説観無量寿経(観経)』『仏説阿弥陀経(小経)』の三つのお経を『浄土三部経』として頂いています。

■ 正信偈
 正しくは『正信念仏偈』といいます。
 浄土真宗の宗祖親鸞聖人の著書である『教行信証』の行巻(ぎょうのまき)に一句七文字・全百二十句で顕されています。
 この正信偈は「大聖(釈尊)の真言に帰し、大祖(七高僧)の解釈に閲して、仏恩の深恩なるを信知して作られた」(教行信証:行巻)と聖人は仰っています。普段の朝夕のお勤めとして読みます。

■ 全文・解説・書き下し・現代語訳・意味
正信偈
真宗大谷派(東本願寺)正信偈の教え−みんなの偈−

↑TOP


─── BONZE Bodhimandala ───

■ BONZE
 坊主、僧、お坊さん。

■ Bodhimandala
 道場は、サンスクリットのBodhimandalaを漢訳した 仏教用語で菩提樹下の釈迦が悟りを開いた場所、成道した場所のことである。また、仏を供養する場所をも道場と呼ぶ。中国では、隋の煬帝が寺院の名を道場と改めさせている。また、慈悲道場や水陸道場のような法会の意味でも用いられている。日本では、在家で本尊を安置しているものを道場と称する場合もある。また、禅修行の場や、浄土真宗、時宗の寺院の名称としても用いられている。
 仏教の道場の名称を江戸時代に武術(大正に大日本武徳会が武道と改称)において剣術などの師範が多数の弟子のための稽古場の名称とした。昭和時代の格闘技の練習および試合、競技を行う施設の名称ともなった。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
↑TOP


─── お問い合わせなど ───

■ ホームページの内容について
ホームページの内容についてのご意見ご感想ご連絡などはこちらまでメールしてください。

■ ご質問・ご相談について
浄土真宗、葬儀、仏事、法事、お布施、お悩み事などに関するご質問・ご相談は、ご自身のお寺のお坊さんへご相談ください。

■ 小話(法話)講演依頼について
なにぶん月参り、通夜、葬儀と飛び歩いておりますゆえ、日時の調整が都合付く場合は受けさせていただきます。こちらまで内容を記載の上メールして下さい。おって連絡させていただきます(連絡に数日かかる場合もございます)。

■ 閲覧するブラウザは、Internet Explorerを推奨いたします。

■ リンクについて
「BONZE bodhimandala お坊さんの小話(法話)〜浄土真宗〜」は原則リンク自由となっておりますが、リンクの設定をされる際は、「BONZE bodhimandala お坊さんの小話(法話)〜浄土真宗〜」へのリンクである旨を明示ください。事前のご連絡は必要ありませんが、リンクを行った場合は、リンク元のURLをご連絡ください。ページ内に当ホームページの内容の全部又は一部を表示させるリンクはお断りいたします。当ホームページ内または外部へのリンク切れなどございましたらご連絡ください。

■ 著作権について
「BONZE bodhimandala お坊さんの小話(法話)〜浄土真宗〜」ホームページに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。また、当ホームページ全体も編集著作物として著作権の対象となっており、ともに日本国著作権法及び国際条約により保護されています。「私的使用のための複製」や「引用」など著作権法上認められた場合を除き、許可なく無断で複製・転用することはできません。

■ 免責事項
「BONZE bodhimandala お坊さんの小話(法話)〜浄土真宗〜」ホームページに記載されている情報の正確さについては万全を期しておりますが、当方は利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

■ その他
「BONZE bodhimandala お坊さんの小話(法話)〜浄土真宗〜」ホームページは、予告なしに内容を変更又は削除する場合がありますが、あらかじめご了承ください。

↑TOP

Copyright © 2010
BONZE
bodhimandala
お坊さんの小話(法話)
〜浄土真宗〜
all rights reserved.